本文へスキップ

自由は土佐の山間に出ず、商売繁昌は民商の仲間と共に出ず

税金・滞納・国保profile

税務調査topics

一般の税務調査は「任意調査」と言われるもので、税務署員が「納税者の理解と協力を得ておこなう」ものです。納税者が納得できないような調査は、本来あってはならないもの。民商では「税務調査10の心得(納税者の権利10か条)」などから学びながら、仲間が立ち会うなど協力し合って、自信を持って調査に対応出来るようにしています。

『税務調査10の心得(納税者の権利10か条)』

↑大きな画像が表示されます

税金の支払いに困ったときにはtopics

誰でも、取引先の営業不振・倒産、大型店出店などの経営環境の変化などによる経営の悪化、家族の病気などで、税金や国保料(税)などを払えなくなることがあります。そんな時でも「納税の猶予」や「徴収の猶予」などの制度を申請することができます。

国民健康保険news

現在、国保は市区町村単位で運営されており、その自治体によって保険税や制度が異なりますが、大きくは前年度の所得で国保税が決まります。したがって、「廃業、売り上げの減少などで国保税が払えない!」という時は、国保税が払えず無保険になるまえに、国保税の減免、分納の制度がありますので、支払が大変だ、困難だとなる前に早めに相談してください。

病気やケガ、休廃業、不況の影響等で所得が減った等の場合、前年基準の国保税はかなり負担になります。もし、そのような状況で国保税のお支払いが困難になった場合は、減免申請をすることで安くなることがあります。

その他、医療費が高額になった場合等に自己負担が軽減される制度等もあります。

悩む前にまず一度ご相談ください!

↑仁淀川民主商工会 お問い合わせに移動します。