本文へスキップ

自由は土佐の山間に出ず、商売繁昌は民商の仲間と共に出ず

民商・高商連・全商連HEADLINE

民商・高商連・全商連とは

私たち中小業者が営業とくらしを守っていくためには、実にさまざまな困難と立ち向かっていかねばなりません。
民主商工会(略称 民商)は「中小業者の営 業とくらしを守る」を合い言葉に、中小業者の生活基盤と社会的地位の向上をめざす、民主的な非営利団体組織です。業者仲間と集まって話し合い、相談しなが ら助け合う運動をしています。
具体的には、金融問題・税金問題・経営問題・生活に関わる問題などを中心に討議や実践を通じ、「この世のことで解決できない ことはない」立場で真剣に相談にのり、困っているひとを助け合う、仲間づくりをすすめています。
また、お年寄りや子供たち、そして地域の人たちが安心して暮らせる、やさしい街づくりをめざしています。
「消費税」「大型店」「下請けいじめ」などの中小 業者いじめにも反対・提言運動も進めています。
自営で商売をされている方なら、業種を問わず誰でも民商に入会できます。

高知県商工団体連合会(高商連)は、県下7カ所にある民商の連合体組織です。
県内の要求運動をまとめ、その実現をめざしつつ、労働者や婦人・青年など県内各層との共同の運動も積極的にすすめています。

全商連(全国商工団体連合会)は、全国600の民主商工会が加盟する北海道から沖縄までの全ての都道府県の連合会(都道府県連合会)の全国連合会です。
「民商―都道府県連―全商連」を合わせて「民商・全商連」と呼んでいます。
会員は全国に約17万人。機関紙「全国商工新聞」を毎週発行し、23万人の読者を持ち、商工業者を励ましています。

私達の考え方(民商三つの理念)

民商は戦後の荒廃からいち早く、業者の自主的・民主的要求に基づいて全国各地で誕生し、運動をおこなってきました。
私たちの運動で実現した成果は、決し て独り占めにせず、広く会外の業者や国民みんなに活用できるようにしてきました。
社会的にも全くの無権利状態に置かれていた私たち中小業者は、困難な状 況の中でも粘り強く運動を進め、時には不当な弾圧に見舞われることもありましたが、要求で国民各階層と団結し実現の道を切り開いてきました。
民商・全商連はこうした今までの歴史的な運動の教訓に立って、次の三つの理念(考え方)を確立し運動をすすめています。
民商の運動は、会員の利益・幸せだけでなく、中小業者全体、大きくは国民全体の幸福とつながっている。要求と活動方法が道理に合ったものであるからこそ一貫して運動が前進している。
団結こそ、なにものにもまさる宝であり、自ら大きく団結したときこそ、中小業者の切実な要求を実現することができる。
中小業者は、共通する要求で労働者、農民などの国民各層とともにたたかうならば、その要求実現の道をさらに大きく切り開くことができる。
ちょっと固い言葉ですが、私たち民商・全商連は、労働者のみなさんから「団結」と「自覚」そして「民主的な組織」を学び、中小業者運動に生かし発展させています。
労働者のみなさん。
リストラや賃下げに負けないでください。

組織と運営は

私たち民商会員は、お互い助け合いながら団結して、自らの営業とくらしを守っています。一人ひとりの力や存在は小さくても、団結すれば世論を動かす大きな力となって、制度融資などの要求を実現してきました。
民商は、会員の総意に基づいて、自分たちの力で会の運営をしています。一人ひとりの会員は対等平等であり、会の主人公です。
仁淀川民商は、地域の中小業者や市民に責任を持つ民商の役員により運営されています。情勢を深く討議・学習しながら、運動方針を提起し、実践の先頭に立っています。
仁淀川民商には、多面的な運動を支える各種の機関会議・専門部があり、会員主人公・役員中心で民主的運営をすすめています。